商品レビュー

安くてコンパクト!キャンプにはダイソーの「折りたたみコーヒードリッパー」が超おすすめ!

ドリッパーの画像 商品レビュー

こんにちは。

今回はキャンプやアウトドアにおすすめなダイソーの「折りたたみコーヒードリッパー」を紹介します。

キャンプに行ってコーヒーを飲みたいけど、ドリッパーが意外と荷物になると感じる方もいると思います。

そこでおすすめなのがダイソーの 「折りたたみコーヒードリッパー」 です。

安くて、コンパクトで、機能性も良いのでコスパ最強です!

キャンプやアウトドアに使えるコンパクトなコーヒードリッパーが欲しいけど、有名ブランド品は高くて購入を迷っているという方も、ダイソーの商品で十分だと思うはずです。

折りたたみコーヒードリッパーの魅力

我が家は最近キャンプを始めたのですが、もともとコーヒー好きだったので家で使っていたドリッパーを持っていってました。

しかし、キャンプはただでさえ荷物をギューギュー詰めにする必要があり、ドリッパーと言えどまあまあな体積となるので、もっとコンパクトなドリッパーが欲しいと思っていました。

ただ、当時は折りたためるドリッパーは2000円ほどする商品しか知らなかったので、購入を迷っていました。

そんな時、妻が「ダイソーで良いの見つけたで!」と買ってきてくれたのが、今回紹介するダイソーのコーヒードリッパーです。

いざ使ってみるとコスパ最強で超おすすめなので、魅力をお伝えできればと思います。

価格

一番の魅力は何といっても安いこと!この商品は100均のダイソーで100円で売られています。

かなり安いですよね。

形がそっくりな有名ブランドのUNIFLAME「コーヒーバネット」だと2000円するので、ダイソーの方が圧倒的に安いです。

サイズ

つづいてはサイズがかなりコンパクトになること!普段家で使っているハリオのドリッパーと比較しています。

このダイソーのドリッパーはステンレス製でバネ形状になっており、折りたたむことが出来る為、こんなに薄くなります

コーヒードリッパーの画像

フィルターとセットで保管しておけば、すぐに持ち出すことができます。

そしてキャンプの場合、荷物のコンパクトさがキモになってきます。

たかがドリッパーといえど、少しの差で他の小物をどこに収納するか迷う可能性が低くなり、荷造り時間とストレスを軽減できます。

機能性

機能性も特に大きな問題はなく、価格を考えるとかなり良いです。

ドリッパーの画像

まず、カップに置いた状態です。

接地面の高さに若干バラツキがあり少しカタカタ動きますが、不安定とは感じません。

コーヒードリッパーの画像

紙のコーヒーフィルターをセットします。このドリッパーは三角錐型のフィルター専用となっています。

フィルター単体では、少し浮いた状態になってしまいます。

コーヒーの画像
コーヒーの画像
コーヒー豆1杯分約10gを入れた状態

コーヒー豆を入れます。豆の重みでフィルターの浮きが収まりました。

コーヒードリップの画像

ドリップも特に問題ありません。おいしいコーヒーができますよ。

コーヒーの画像
コーヒー豆3杯分約26g入れた状態

試しにコーヒー豆3杯分を入れた状態です。容量的にもまだ余裕があります(4杯分もいけそうです)

まとめ

今回はダイソーの 「折りたたみコーヒードリッパー」 を紹介しましたが、いかがでしたか?

  • 安い!
  • コンパクト!
  • 機能性良し!

3拍子揃ったコスパ最強の商品だと思いますので、本当におすすめです!

キャンプやアウトドアに使えるコンパクトなコーヒードリッパーが欲しいけど、有名ブランド品は高くて購入を迷っているという方も、是非検討してもらえればと思います。

100円なので正直購入して大きな失敗と感じることもないと思いますが・・・

それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事使えるな~と思った方は、是非フォロー、シェアをお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました