暮らし

今更ですが扇風機を片付けました。

暮らし

こんにちは。

先日(11月初め)やっと扇風機を片付けました。

1シーズン使うと埃がかなり付着するので、片付ける時は必ず分解して掃除するようにしています。

ちゃんと掃除してしまって置くと、来シーズンにすぐ使えるので、めんどくさがらずに是非やっておきましょう。

掃除方法

もしかしたら扇風機を掃除した事が無い人もいるかもしれないので、記事にします。

放っておくとカバーやファン部分に埃がどっさり溜まっていますよ。

ちなみにこの扇風機、バルミューダのグリーンファンというちょっとお高い扇風機。

写真ではわかりにくいですが、以前子どもに倒されてカバーが変形して半泣きになりました(涙)

分解

まず前カバー→ファン→後カバーの順で外して行きます。

たんまり埃が付着してますね・・・これで子どものご飯を冷ましてました(汗)

今回は自宅の屋外にある水栓場で掃除します。

無い場合はお風呂場でやると良いでしょう。

まず、ホースの拡散ジェットモードで洗浄してみます。

埃に油気が無ければこれで完了しますが、今回はこれでは取りきれなかったので浸け置き洗いしました。

浸け置き

桶に水を溜めて、中性洗剤を適量いれます。

今回はウタマロクリーナーを使いました。

我が家ではこれ1本でお風呂やトイレの掃除までしています。

前後カバーとファンを浸けて、30分ほど放置しておきます。

ブラシでこする

浸け置きしただけだと油分が着いたままです。

不要な歯ブラシなどを使って、こすり洗いをしていきます。

浸け置きしたお陰で簡単に取れます。

綺麗になりました。

あとは全体的にホースで水をかけて洗います。

乾燥

日陰で乾燥させます。

直射日光を当てると変色や変形が起きる恐れがあるので、注意です。

組み立て

組み立て完了です!もう1台もついでに掃除しました。

埃がかぶらないように袋をかけて、クローゼットにしまっておきます。

来年までお休みです。

めんどくさくても先にやっておく

特定のシーズンしか使わない家電などは片付ける時にちゃんと掃除して置くように心がけています。

そうすると、来シーズンにすぐ使えるし、汚れたまま長期放置していると汚れも取れにくくなるからです。

仕事でもそうですが、後で大きな手間がかかるなら、先に小さな手間で抑えておこう、というのが僕のモットーです。

それでは、今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました